忍者ブログ
<< 2020/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
(memo) (res) (naruto) (silversoul) (other)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

後は風間を攻略するだけ。
なんだかんだ原田さんが一番かっこよかったよね。
一生ついていきますと思ってしまった。

あー最近ジャンプ銀魂おもしろいよね。
妙さんが一番ツボでした。
いいよ、近藤さん。夢オチでないことは祈ってます。
とりあえず、神楽と沖田は出会うべきだと思う。

以下は沖神ss(※若干R15?)
2年後設定。

(そういえば、どこから踏み外していただろう。)

瞼を伏せたまま、男の息遣いを耳元で感じたまま、神楽はぼんやりとそんなことを思っていた。唇に齎される熱は今日が初めてじゃない。手慣れた彼の手が、すっぽりと神楽の頬を覆って揺るがない。身を捩って逃げることすら許されないとわかるほど、女の腰に回された逞しい腕には力が籠っていた。
濡れた吐息を闇夜に漏らすと、神楽は呼吸をするため、一度彼から距離を離す。しかし、それは一瞬の出来事で、ついばむような口付けはまた神楽の自由を奪った。

(あ、やばいかも。)

彼の指先が服の中に潜り込み、背中の素肌を、ついと撫でるのがわかった。多少のくすぐったさに、思わず神楽は肩を竦める。男の指は、神楽を焦らすように。けれども的確に、神楽を女にする箇所を捉えていた。ああ、どれほどの麻酔を持ってして、この男は私を翻弄するのだろうか。

(余裕ぶって、むかつく)

けれど、抵抗はしないであげた。したところで、彼の前では無力になってしまうことは、以前から知っていたし、抵抗できたとて、結局求めずにはいられなくなってしまうのは自分であったから。
堕ちてしまったと、神楽は心の中で自嘲した。

それでも這い上がらないのは、他ならぬ、己が意思。

PR
忍者ブログ [PR]